スマートフォンサイトはこちら

横浜市戸塚区の眼科 おながファミリー眼科|栄区 本郷台 下倉田町

横浜市戸塚区の眼科 おながファミリー眼科 栄区 本郷台 下倉田町

おながファミリー眼科の診療時間は(平日)9:00~12:30、15:00~18:30(土曜)9:00~12:30。休診日は水曜午後、土曜午後、日祝

ネット予約

駐車場10台有り

おながファミリー眼科の電話番号045-864-0088

緑内障

緑内障の基礎と分類

緑内障とは?

人や動物の目の内側には「網膜」という膜組織があります。網膜は外界の光を捕らえて電気信号に変換します。網膜の内側には神経節細胞とその線維組織があり、線維組織は束ねられて視神経となり、大脳へ信号を送ります。

緑内障は、この神経節細胞とその線維が減ることにより視野(見える範囲)が狭くなっていき、失明に至る危険がある病気です。成人の中途失明の原因のトップは、日本では現在この緑内障です。

緑内障の多くは慢性の緑内障です。しかしなかには急性に発症する緑内障もあります。

緑内障はめずらしい病気ではない

最近行われた大規模な調査では、40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障にかかっています。しかしそのほとんどは自覚症状がなく、放置されています。

緑内障は末期まで症状がありません。しかも自覚症状が出てから治療を始めても手遅れです。このような緑内障を早期発見するには、検診が重要になってきます。

緑内障の症状

慢性緑内障の症状は「視野狭窄」です。しかし緑内障の視野狭窄は、中央ではなく周辺から始まるため、初期には気づきません。

緑内障が進行し、視野狭窄が中央部におよんで初めて「見え方がおかしい」「視力が落ちた」という症状が出てきます。

しかし、もう片方の目の症状が軽ければ、視力が低下しても気づかないことがあります。つまり自覚症状が生じるのは、両目ともにかなり病状が進行してからのことが多いです。

そのため緑内障は、検診や他の症状で眼科を受診した際に偶然発見されることがほとんどです。

緑内障の原因

視神経の細胞と線維は、生まれたときには120万本くらいですが、年齢とともにゆっくりと減少し、個人差もありますが、70歳頃には80万本くらいにまで減少します。しかしその程度では視野や見え方に影響はありません。

しかし緑内障では視神経の細胞と線維が正常よりも早く減少し、おおよそ半分程度に減少すると、減少した部位の網膜の感度が落ちてきます。これが緑内障の視野狭窄です。

どうして緑内障では視神経の細胞とその線維が正常よりも早く減っていくのでしょうか?

その大きな要因は、「眼圧」です。眼圧とは目の硬さ、目の内圧のことで、正常値は10~21mmHgです。視神経とその細胞は圧に弱く、眼圧が正常よりも高くなると死滅スピードが上がります。

しかし眼圧が正常範囲でも視神経細胞の死滅スピードが正常よりも速い場合があります。これを正常眼圧緑内障といいます。日本人にはこの正常眼圧緑内障が多いため、眼圧が正常でも安心することはできません。

緑内障の定義には「眼圧を十分に下げることにより障害を抑制しうる」というものがあります。

緑内障の治療の基本は眼圧の下降です。ですから正常眼圧緑内障の場合には、治療により正常値下限かそれ以下に眼圧を下げなければならないことがあります。

眼圧と房水

目の中では房水と呼ばれる水分が産生され、眼内を循環し、眼外へ排出されています。房水の産生と排出は常にバランスが取られて、眼圧は一定の範囲に保たれています。

このバランスが悪くなると眼圧は上がったり下がったりします。その中で、房水の産生は、特殊な病気にならない限り変化はありません。ですから眼圧には、房水の排出状態が大きく影響します。

房水は毛様体という組織で作られ、角膜と虹彩の隙間である「隅角」から眼外へ排出されます。房水は隅角にある「線維柱帯」と呼ばれるフィルター組織を通ってシュレム管へ入り、そこから血管内へ排出されます。

緑内障のいろいろ

「緑内障」は一種類の病気ではありません。緑内障にはさまざまな種類があり、それぞれ治療が異なります。あなたの緑内障はどのタイプでしょうか?

自分の緑内障のタイプをよく把握することが、緑内障治療の重要なスタートポイントです。

①原因による分類:原発緑内障と続発緑内障

成人になってから発症する緑内障は、「原発緑内障」と「続発緑内障」に分かれます。

「原発緑内障」とは、緑内障の原因となる他の眼病のないものをいいます。

それに対して「続発緑内障」は他の眼疾患が原因で起こった緑内障で、原因となる眼疾患には糖尿病網膜症、ぶどう膜炎や、角膜の病気、その他、目の手術後に起こるものなどがあります。

ステロイドなど、薬剤の副作用で起こる緑内障も続発緑内障の一つです。

一般的に原発緑内障に比べて続発緑内障のほうが治療が困難です。それは緑内障と、その原因となっている眼疾患の両方を同時に治療していく必要があるからです。

②眼圧による分類:特に正常眼圧緑内障

原発緑内障の中には、眼圧が高い緑内障と、眼圧が正常範囲内の緑内障とがあります。眼圧が正常範囲内である緑内障を「正常眼圧緑内障」といいます。

日本人には正常眼圧緑内障が多いので、眼圧が正常だから緑内障ではないと安心することはできません。

それに対して、続発緑内障は眼圧が高く、正常のものはありません。

③隅角による分類:開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障

目の中の水分である房水の流出路、「隅角」の形状による緑内障の分類です。

隅角が狭くて(狭隅角で)房水が眼外へ流れ出にくくなっているものを「閉塞隅角緑内障」といい、隅角は広いが線維柱帯という水の出口にあるフィルターに問題があり、水が流れ出にくくなっているものを「開放隅角緑内障」といいます。

●薬の禁忌になっている緑内障は閉塞隅角緑内障です。

内服薬や、内科や外科検査の注意書きに「緑内障の方は担当医にご確認ください」 と書いていることがありますが、この場合の「緑内障」とは、閉塞隅角緑内障のことで、開放隅角緑内障ではありません。

ですから緑内障の患者さんすべてが 問題となるわけではありませんので、あなたの緑内障は「閉塞隅角緑内障」なのか「開放隅角緑内障」なのかを、よく把握しておくことが大切です。

④子どもの緑内障:発達緑内障

生まれつきの(先天的な)緑内障を発達緑内障(先天緑内障)といいます。頻度は約3万人に1人とまれな緑内障で、隅角の発育不全が原因です。

発達緑内障は診断が困難な緑内障です。子どもは診察がむずかしいうえに、眼圧が高くても何も訴えません。また片方が失明しても片方が見えていれば子どもは不自由を感じません。

発達緑内障では、黒目(角膜)が大きくなることがあります。これを医学用語で「牛眼」といいます。発達緑内障では牛眼が唯一の症状のことがあります。

緑内障になりやすい目:遠視・近視と白内障

①遠視
若い頃に裸眼視力が 1.5や2.0の人は軽い遠視のことが多いです。遠視の目は、眼球のサイズ(前後径)が小さめで、隅角は狭いことが多いです。ですから前述の閉塞 隅角緑内障になりやすくなります。 狭隅角の人が散瞳したり、うつむき姿勢になったりすると、隅角が完全に閉塞して眼圧が急激に上昇し、眼痛や視力低下を生じることがあります。これを「急性 緑内障発作」といいます(後に説明)。
②近視も緑内障のリスクです

一方で、近視の目は眼球のサイズ(前後径)が長いので、隅角が広いという点では問題ありません。

しかし強度の近視では、視神経が脆弱で緑内障の合併頻度が高いです。しかも強度の近視では近視による視野障害が起こりますので、視野狭窄がある場合にはそれが近視によるものか、あるいは緑内障を合併しているのか、診断の難しいことがあります。

高齢者で急に進む緑内障:落屑緑内障と閉塞隅角緑内障

高齢の人に多い緑内障に落屑緑内障があります。これは、虹彩の先端(瞳孔領)に白い沈着物が付着し、この沈着物が瞳孔の動きに伴い前房内に入り込んで、線維柱帯(房水の出口のフィルター組織)が詰まることによって起こります。

落屑緑内障は、眼圧の変動が激しいのが特徴です。

また、遠視などで隅角の狭い目の人が白内障になると水晶体が厚くなり、もともと狭い隅角がさらに狭くなります。水晶体(白内障)の動きや姿勢により、眼圧は急に上がることがあります。

このように、落屑緑内障や閉塞隅角緑内障では眼圧の変動が激しいので、病院での診察時 には眼圧は正常でも、家にいる間に眼圧が高くなるときがあり、急激に視野が悪化すること があるので要注意です。

眼圧が上がると「かすみがかかったように」見え、「電灯などの光に輪がかかったように」見えます(虹視症)。

高眼圧症

さきほど、眼圧が正常でも緑内障の場合があると説明しました(正常眼圧緑内障)。それとは逆に、眼圧が高くても緑内障でないこともあります。これを「高眼圧症」といいます。

高眼圧症は緑内障ではないので、治療の必要はありません。しかし眼圧が高いのは確かなので、本当に緑内障でないかどうかを慎重に判断する必要があります。

ですから「高眼圧症」と言われた場合は、数年に一度程度の視野検査はしておいたほうが良いでしょう。

急性緑内障発作...強烈な眼痛と頭が割れるように痛くなる

隅角が急に閉塞して起こる激烈な急性緑内障を「急性緑内障発作」といいます。

突然、目が真っ赤になり視力低下、眼痛、頭痛、嘔吐があります。頭が割れるように痛くなるので、脳出血や、くも膜下出血などの脳外科の病気と誤診されることがあります。

急性緑内障発作は、隅角が完全に閉塞して眼圧が急激に上がることにより発症します。

これはもともと慢性の閉塞隅角緑内障がある人や、緑内障ではないが隅角が狭い人にも起こります。急性緑内障発作は失明することが多く、緊急治療を要します。

急性緑内障発作の治療はレーザー処置や点滴です。それでも治らないときには手術をします。しかし治療をして眼圧が下がっても視力障害は残り、失明することもあります。

急性緑内障発作は起こってからでは遅いです。予防が大事です。予防は、レーザー治療か、早めの白内障手術です。

先生に、「あなたは目の中の部屋(前房)が狭くて緑内障発作を起こしやすいから白内障手術をしたほうがよい」と言われたときには、「まだよく見えているから大丈夫」と決めつけないで、担当医の説明をよく聞き、よく考えてください。

緑内障の治療

緑内障は治るのですか?

緑内障は進行性の病気で、現在あらゆる治療を行ってもその進行を完全にストップさせることはできません。また、失った視野を取り戻すことはできません。

ですから緑内障に対する治療の目的は、失った視野や視機能を取り戻すことではありません。緑内障の進行をできるだけ抑えて、人生を全うするまで生活に困らない視機能を維持することが治療の目的です。

眼圧を下げる

緑内障の治療の基本はまず、「眼圧を下げること」です。しかし治療により眼圧が下がっても視野障害が進む場合には、さらに眼圧を下げなければなりません。

眼圧を下げる手段は3つあり、①点眼薬、②レーザー治療、そして③手術です。

まずは点眼薬で眼圧を下げます。点眼薬には現在、さまざまな種類のものが開発されています。点眼薬をいろいろと工夫して眼圧がある程度下がっても視野障害が進むことがあります。

あるいは副作用などにより十分な点眼薬を続行することが不可能な場合があります。そのときには、レーザー治療や手術を考慮します。レーザー治療は補助的な治療で、手術は最終手段となります。

緑内障の進行を探る:視野検査とOCT検査

緑内障の進行スピードは一般的にゆっくりで、緑内障が見つかってもすぐに失明するようなことはありません。

一般的には眼圧が低いタイプの緑内障よりも高いタイプの緑内障のうが進行スピードは速く、原発緑内障よりも続発緑内障のほうが進行スピードは速いです。続発緑内障の一部には早急に治療を要するものがあります。

しかしそれは一般論であって、実際は患者さん一人ひとりで進行スピードは全く違います。緑内障の進行の程度やスピードをはかる検査は「視野検査」と「OCT 検査(光渉断層計検査)」です。

視野検査とは「見える範囲を調べる検査」で、緑内障による視野障害を具体的に表すことができます。

検査では、ドームやモニターの中央を見つめながら、視野の周辺部に出てくる光(視標)が見えればボタンを押すなどの合図を繰り返します。

視野検査は緑内障に必須の検査ですが、検査にやや時間がかかり、検査にコツや慣れが必要で、結果に若干のバラツキがあるのが欠点です。

OCT検査(光干渉断層計検査)は最近急速に普及した検査で、弱い無害のレーザー光線を使って網膜の厚みを測定する検査です。

これにより、視神経から網膜に続く線維の層や神経細胞の層の厚みを精密に測定することができ、緑内障の早期発見に役立ちます。

上に述べたように、視野検査もOCT検査も、たった1回の検査ではすべてを判定することはできません。何度も検査を繰り返し、結果を比較することが重要です。ですから、必要な場合には1年に何度も同じ検査を繰り返す場合があります。

これらの結果を総合して、現在の治療により緑内障が十分に抑えられているのかどうかを判定します。治療をしていても緑内障がどんどん進むのであれば、治療方針を見直します。

  • まぶたの腫れ
  • 目の充血
  • 目のかゆみ
  • 目のかすみ
  • 目の痛み
  • 目のゆがみ
  • 視野がかける
  • 視界がぼやける
  • 急に見えなくなった

問診票ダウンロード

ふくむら整形外科

このページの先頭へ戻る