スマートフォンサイトはこちら

横浜市戸塚区の眼科 おながファミリー眼科|栄区 本郷台 下倉田町

横浜市戸塚区の眼科 おながファミリー眼科 栄区 本郷台 下倉田町

おながファミリー眼科の診療時間は(平日)9:00~12:30、15:00~18:30(土曜)9:00~12:30。休診日は水曜午後、土曜午後、日祝

ネット予約

駐車場10台有り

おながファミリー眼科の電話番号045-864-0088

ロービジョン外来

ロービジョンとロービジョンケア

見えにくい状態のことをロービジョンといいます。視覚障害という言い方もありますが、ロービジョンの方がもっと大きな概念で、身体障害者手帳の有無にかかわらず見え方全般で困っている人のことをロービジョン者という場合もあります。

治療により病気が落ち着いていても、見え方で困っている患者さんは多く、ロービジョンケアが有効なことがあります。

ロービジョンケアとは、見え方で困っている人を少しでも生活しやすくなるようにすることです。

視機能が上がるわけではありませんが、ロービジョンケアを取り入れることで生活がずいぶんしやすくなります。

見えにくさで困っているときには、自分一人で悩まずに、まずはロービジョン外来を受診してみてはいかがでしょうか。

ロービジョン外来の実際

あなたはどのくらい見えていますか?

ロービジョンの見え方にはいろんなパターンがあります。まずは今の視力と視野の状態をよく調べる必要があります。あなたがいま見えている力を「保有視機能」といいます。

あなたのニーズは何ですか?

見えにくいことで具体的に困っていることをニーズといいます。自分自身のニーズをはっきりさせることはロービジョンケアを有効に進めるためにも大切です。

しかし自分では自分のニーズがはっきりとわからないこともあります。ロービジョン外来ではスタッフが問診を行いながら、あなたのニーズを一緒にはっきりとさせていきます。

できることをさがす

具体的なニーズがわかったら、各種補助具を使ったり、公的サービスの利用を取り入れたりします。

人によっては、学校で、職場で、家庭で、各々の背景によっても補助具やサービスの取り入れ方が異なります。できるだけそれぞれの場所で生活しやすくなるように、スタッフでサポートしていきます。

ロービジョン者に必要な情報

ロービジョン者にとって、各種の情報はとても大切です。いまはインターネットを通してかなりの情報を得ることが可能になりましたが、ロービジョン外来でも関連情報を得ることができます。

  • まぶたの腫れ
  • 目の充血
  • 目のかゆみ
  • 目のかすみ
  • 目の痛み
  • 目のゆがみ
  • 視野がかける
  • 視界がぼやける
  • 急に見えなくなった

問診票ダウンロード

ふくむら整形外科

このページの先頭へ戻る