横浜市戸塚区の眼科 おながファミリー眼科|視界がぼやける かゆみ 見にくい 目が痛い 近視・遠視・乱視 ものもらい 白内障 緑内障 戸塚区 下倉田町 東海道線 横須賀線 横浜市営地下鉄

横浜市戸塚区の眼科 おながファミリー眼科

おながファミリー眼科の診療時間は(平日)9:00~12:30、15:00~18:30(土曜)9:00~12:30。休診日は水曜午後、土曜午後、日祝

初診ネット受付

駐車場10台有り

おながファミリー眼科の電話番号045-864-0088

子どもの近視・遠視・乱視と眼鏡合わせ

屈折異常とは?

目の中では角膜と水晶体がカメラのレンズ、網膜がカメラのフィルムの役割をしています。通常、光が入ってくるとレンズを通して網膜にピントが合った絵が映ります。これを正視といいます。

屈折異常とは、カメラでいうとピンボケの状態で、いわゆる「近視」、「遠視」、「乱視」のことをいいます。近視、遠視、あるいは乱視があると、網膜にピントを合わせるためには、眼鏡やコンタクトレンズが必要です。

屈折異常の原因は?

屈折の状態は眼球の大きさや形で決まります。つまり、眼球が標準よりも少し小さいと遠視になり、少し大きいと近視になります。その差はミリ単位というわずかなものです。

遠視や近視はトレーニングや訓練で治るものではありません。なぜならトレーニングで眼球の大きさが変わることはないからです。

子どもの屈折異常は生まれつきのもので、一部の先天異常や遺伝疾患に伴うものを除けばはっきりとした原因はありません。特に妊娠中の出来事とは何ら関連はありません。

遠視とは?

眼球が小さいため、水晶体(レンズ)のピントが網膜より後方に合う状態です。軽度の遠視であれば、水晶体の力(調節力)で網膜にピントを合わせることができます。「遠視は遠くが良く見える目」と思われているのはこのためです。

しかし強度の遠視では水晶体の力ではカバーができず、近くはもちろん、遠くのものにもピントが合わないため、常にぼけた絵しか映っていません。

ですから強い遠視は早く眼鏡をかけないと、視力が弱い「弱視」になるリスクが非常に高くなります。

近視とは?

眼球が大きい(長い)ため、水晶体(レンズ)のピントが網膜より前方に合う状態です。小学校以降に眼鏡が必要になるのは、眼球の拡大(成長)に伴う近視の進行によることがほとんどです。

遠くのものは見えにくいですが、近くのものにはピントが合いますので、弱視になるリスクは低いです。

乱視とは?

角膜や水晶体がゆがんでいるために、光が入る方向でピントが合う場所が異なる状態です。当然、網膜にはきれいな絵は映っていません。強い乱視は弱視の原因となり、早めの眼鏡装用が必要です。

どのような眼鏡をかけますか?

遠視では虫眼鏡と同じ凸レンズで網膜にピントを合わせます。強度になれば目が大きく見えるレンズになります。

近視の場合、凸レンズと逆の凹レンズを使用します。乱視は光の入る方向によって、レンズの度数が異なる円柱レンズと通常の凸レンズ、凹レンズを用いて矯正します。

近視はいつまで進行するの?

小学校以降に起こる近視(いわゆる単純近視)は頻度が高く、最近の統計では小学生の8%近くが裸眼視力0.3未満の近視になっています。そして近視は成長とともにどんどん進むので、不安になってくると思います。

前述したように、近視のほとんどは眼球が少し大きいことが原因です。背が伸びると眼球も大きくなります。ですから、背が伸び続ける間は近視も進行し続ける可能性があります。成長が止まれば近視も安定してくることが多いものです。

その一方で、小学校1年生あたりですでに近視の眼鏡が必要な人は、成人になっても近視が進み続け、病的近視に移行することがあります。

また最近では、成人になっても近視が進むケースがあり、パソコンなどのいわゆるVDT作業などが関連しているといわれますが、原因ははっきりしません。

スマートフォンなどでのゲームは、長時間集中して行うことで近視が進むという証拠はありませんが、一時的な斜視などの報告はありますので、ゲームのやりすぎは目に良くないことは確かなようです。

子どもの眼鏡合わせと調節

目はカメラと同じようにオートフォーカスです。遠くを見るときには水晶体(レンズ)はうすくなり、近くを見るときには水晶体がふくらんで網膜にピントが合うようになります。

この「水晶体がふくらむ」現象を「調節」、ふくらむ力や度合いを「調節力」といいます。

子どもは調節力が非常に強くて、成人と同じように眼鏡合わせを行うと、度数が非常に不安定で、正確な眼鏡が作成できません。

そこで調節力を麻痺させる点眼薬(調節麻痺薬)を使って眼鏡合わせを行います。なお、調節力が弱くなった状態が、いわゆる「老眼」です。

調節麻痺薬の役割

調節力を麻痺させて、目の本来の屈折の状態を調べます。遠視が疑われたり、内斜視があったりする場合に、調節麻痺薬は必須です。

おおむね10歳以下の子どもに初めて眼鏡を作る際には、調節麻痺薬の使用が勧められます。主な調節麻痺薬には次の2種類があります。

アトロピン点眼薬とサイプレジン®点眼薬

どちらの点眼薬も、近くの物体にピントが合わなくなり、ひとみが開くために光をまぶしく感じます。特に遠視の場合は数日から1週間、遠くも近くもぼやけてよく見えなくなりますので、注意してあげてください。

アトロピン点眼薬とサイプレジン®点眼薬は点眼方法、調節麻痺の効果、効果の持続期間、副作用に違いがあります。アトロピン点眼薬では発熱、顔が赤くなるなどの副作用がみられますが、点眼中止により改善します。

サイプレジン®点眼薬ではまれに一時的な幻覚、けいれんなどの神経症状が現れることが報告されています。

アトロピン点眼薬とサイプレジン®点眼薬は状況により使い分けます。

アトロピン点眼薬は調節麻痺効果が強く正確な検査結果を得ることができますが、1週間程度連続して点眼する必要があり、その間の副作用もサイプレジン®点眼薬よりも出やすくなります。

逆にサイプレジン®点眼薬や手軽に使えますが、検査の正確性ではアトロピン点眼薬に劣ります。特に低年齢の子どもで遠視が強い場合には、サイプレジン®点眼薬だけで正確なメガネ作成は難しく、アトロピン点眼薬が必要になります。

一般的に、弱視専門外来のある眼科や弱視を専門分野にする眼科医はアトロピン点眼薬を用いますが、そうでなければサイプレジン®点眼薬を用いることが多いです。

  • まぶたの腫れ
  • 目の充血
  • 目のかゆみ
  • 目のかすみ
  • 目の痛み
  • 目のゆがみ
  • 視野がかける
  • 視界がぼやける
  • 急に見えなくなった

このページの先頭へ戻る