おながファミリー眼科|横浜市 戸塚区 栄区 本郷台

横浜市戸塚区の眼科 おながファミリー眼科

メニューボタン

お子さまの近視抑制ならマイオピン治療

マイオピンとは?

マイオピン(低濃度アトロピン点眼薬)は、近視の進行を遅らせる効果が確認されている点眼薬です。

有効成分のアトロピンは、以前から近視の進行を遅らせる効果が確認されていた一方で、1%の配合では瞳孔が開くことによるまぶしさ、遠近調節機能低下による手元のぼやけといった副作用が見られました。

マイオピンでは、有効成分のアトロピン濃度を0.01%まで薄めることで、近視の進行抑制効果はそのままに、副作用を大幅に抑えた点眼薬になります。

新たにアトロピン濃度を0.025%の点眼薬も取り扱いを始めました。
0.025%点眼薬は、0.01%点眼薬に比べて近視抑制効果が高いですが、よりまぶしさを感じやすくなる場合があります。
詳細は医師にご確認ください。

どんな効果?

毎日1回の点眼を2年間続けることで、近視の進行を50~60%程度遅らせることができます。

対象となる方

治療方法

1日1回の点眼
※最低2年間は治療を継続することが推奨されています

治療の流れ

費用

マイオピンは保険証が使えない自費診療となります。

診察・検査料 1,500円(税込)
マイオピン点眼薬(0.01%) 1本3,500円(税込)、3本10,000円(税込)
マイオピン点眼薬(0.025%) 1本4,000円(税込)、3本11,300円(税込)

仕組み

人は誰でも遠視の状態で産まれてきますが、次第に眼球が奥に伸びることで12歳くらいの頃にはピントが合う状態まで成長します。

ところが近くばかり見る習慣が身についてしまうと、必要以上に眼球が伸びてしまいます。

その結果ピントの位置がずれ、近視になります。

一度伸びてしまった眼球は戻ることがありません。

そのために眼球の伸びを通常範囲に抑えることが、近視症状を抑えることにつながります。

強度近視は失明につながることも

2007年に厚生労働省より発表されたデータによると、日本人の中高年の失明原因1位は緑内障となり、全体の3割近くを占めています。

この緑内障ですが、近視の進行が進むほど発症しやすくなることが分かっています。

そのため、お子さまのうちに近視の進行を遅らせることが緑内障の予防にもつながります。

お子さまの近視抑制ならマイオピン治療

問診票ダウンロード

ふくむら整形外科